by miru_musical
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

キエフ・オペラ トゥーランドットを観ました。

キエフ・オペラ『トゥーランドット』を観劇しました。
"TURANDOT" Kyiv Opera
(ウクライナ国立歌劇場)

2006年10月5日(木)18時30分~

TURANDOT: LIDIIA ZABILYASTA
CALAF: ANDRII ROMANENKO
ALTOUM: STEPAN FITSYCH
TIMUR: SERHIY MAHERA
LIU: OLGA NAGORNA   他

久々にびっくりしちゃうようなお姫様。カラフが何故好きになるのかよくわからない…。と思いましたが、それはそれは美しいお姫様との事で気に入ってしまうのですね。リューがいつの間にカラフを気に入ってしまっかのかもよくわからないとけどリューの思いはとても切ない…。『トゥーランドット』といえばあの有名な曲(「誰も寝てはならぬ」)。第二幕で少しだけ使われるのですが、この使われ方が一番好きでした。第三幕の最初にカラフが歌い上げますが、自然な歌い上げ方で良かったです。第一幕~第三幕になるに連れ、カラフの良さがわかったてきました。3つの謎解き、答えは「希望」「血潮」「トゥーランドット」かな…。1問正確する毎にトーランドットは洋服を脱いでいく。

何回かこのシーン長いと思ったけど、言葉がわかっていたら面白いところなんだろうなぁと思いつつ観劇しました。字幕はあるけど、字幕ってとっても大胆な表現なので字幕を読んで思わず想像しちゃったり。目の前の舞台を観ればいいのにさぁ。「誰も寝てはならぬ」は本当素敵な曲です。やっぱりオペラって分かりやすい。字幕を読んでいると本当面白い。今回はリューやティムール等人間らしい役もあったので良かったです。愛と冷酷さだけだと…。

日本人のオペラ歌手でも観てみたいな。
e0139661_13554588.jpg

[PR]
by miru_musical | 2006-10-08 01:07 | ミュージカル他 | Comments(0)