by miru_musical
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

JCS

JCS...

ポスター

なんで、ウンテさんとマイケルが並んでいるのと思ってしまう。


私は、マイケル・リーを観ていなかったら、ウンテさんを観ていなかったと思う。
(以前、書いたマイケル・リーのJCS情報)

くだらない日記は、書かない事にしたけど、
今回は、書こう。

韓国ミュージカルが好きな方は、パク・ウンテさんは知っているでしょう。
なので、マイケル・リーが日本と関係する事と言えば、
宮本亜門演出、ソンドハイム音楽の「太平洋序曲」(Pacific Overtures)に香山役で出演。
OSTを聴けば分かりますが、ハーモニーが素晴らしい。
最近は、「Allegiance」で日系人の役。「Allegiance」でも賞を受賞したようです。
この両演目は、韓国人キャストで上演されるって事はないでしょう。

ウンテさんとの共通点は?
6月生まれ、三男、声楽専攻ではない、井上芳雄さんと会った事がある、
笑顔が良い、頭が良い。

その他
確か、マイケルは、スタンフォード大学で、薬の勉強?医者?目指していたはず。
昔、ホン・グァンホさんのインタビュー記事で、「ミス・サイゴン」の時、
外国人の発声を学んだのような記事を読んだ事があるけど、
その外国人は、マイケル・リーの事だと思います。

このキャスティング、ノレマンにならない事を願います。
ジーザスには大ナンバーがあるけど、ユダで決まる作品だと思います。ユダは、難しい役だと思います。一瞬、ポスターのハン・チサンさん、キム・ウヒョンさんに見えた。劇団四季のジーザスを浮かべると、ハン・チサンさんやチョン・ソナさんは、イメージじゃなくて、エルサレムバージョンのJCSといった雰囲気ではない感じのするキャスティング。LEDなJCSだったら似合いそうだけど、どうやらLEDなJCSではないようですが。この公演期間だったら、ウンテさんとマイケルでジーザスとユダをすれば良かったのに。

私だったら、
ユダには、イ・ジョンヨル、チョ・スンチャン
ペテロ又はシモンに、イ・ギョンス、チェ・スヒョン
ピラトには、キム・ボブレ、ソ・ボムソク、キム・ソンミン
マリアには、シン・ヨンスク、ペ・ヘソン
ヘロデ? ん! チョン・ソンファ

「ハムレット」ワールドバージョンの時、
クローディアスが一人で歌う歌を聴いてユダっぽいと思ったのが、
イ・ジョンヨルさん、声も芝さんに似ている。
同じく、「ハムレット」ワールドバージョンの時、
一番ロックな歌い方をしていたのが、チョ・スンチャンさん。

どうしても、私は、韓国のノートルダムドパリなキャスティングで考えてしまう。
今年の韓国キャストのノートルダムドパリは、企画社が変わりEMKなので、
3人以上の複数キャスティグだろうな。

JCS、非常に気になるのが、演出です。
あと、カーテンコールは、拍手メインの普通のカーテンコールが良い。

さて、家にあるJCS関連の本等でもう一度、勉強しよう。
そして、劇団四季のJCSを頭から消さないと。
[PR]
by miru_musical | 2013-03-06 10:41 | Diary | Comments(0)