by miru_musical
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

JCS

ヘロデの歌が頭の中をグルグルと。

JCSで二人が出会って本当に良かったです。
JCS、もちろん好む演目です。

劇団四季のエルサレム、ジャポネクス両バージョンとても優れている演出だし。
昨年の公演では、韓国人俳優が急遽デビューしたと知って、
観に行こうかと思いチケット探したけど、観に行けなかったのです。

実際に、二人センターにいる姿を見ると、
(先にアップしたポスター、もちろん合成だけど。)
テンション上がるというより、手が冷たくなるほど、
次から次へと、思った通りになる事が多いのでコワイ。

マイケル・リーのジーザス&ユダは、シアトルでの公演を見逃したので、
(大地震後だったので、アメリカまで行く気持ちになれなかったです。)
韓国で観ることができる事になったのも願いが叶った!
マイケル・リーは、過去、アンサンブル、シモン、ユダ、ジーザスと役としているのでJCS職人。
マイケル・リーのアルバムでも、ロックな曲歌っているし、
「The Who's Tommy」で、トミー役をしています。
確か、シアトルでなんか賞を受賞していたはず。
アメリカ、韓国に限らず、その他の国でもミュージカルの公演をしている俳優です。
昨年は、もう、マイケルのクリス役はないと思って、釜山での「ミス・サイゴン」で再会。
(韓国キャスト「ミス・サイゴン」クリス役で初演から出演。)
本当に人柄も良く素敵な俳優です。

ウンテさんのジーザス役、きっと似合うでしょう。
ルケーニ役前のハムレットの頃、ルケーニ後のヴォルフガングの頃に
演っていたら、もっと合ったかも知れなかったけど、
それは過ぎた事なので、全てを楽しみにしています。
舞台パワーがある俳優!

キャストは良さそうなので、
演出と舞台美術他がどうなるか…




とにかく、ウンテさんとマイケルが出会えば良いと、ずっと思っていました。

胃がおかしくなりそうです。



そして、もう一人、私が気になっている俳優も出演。
なんか、顔が好きなのかも。
一応、気になった公演からは、一回ずつ公演は観ています。
[PR]
by miru_musical | 2013-03-05 14:54 | Diary | Comments(0)