by miru_musical
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

11日

3月11日にウンテさんの公演を観ました。
この日は、必ずウンテさんの公演を観ようと思っていました。だけど、必ずこの日に公演しているか分らないし、そして「エリザベート」のように複数キャストがいる場合、キャスティングされるか分りません。願い叶ってキャスティングとなっていたので、観ることができました。

「プロローグ」では、ルキーニが一瞬震えていて霊魂呼び覚ます恐怖を感じているかと思わせる姿が良かったです。全体的にウンテさんの歌の抑揚が数段と良くなっていました。「ミルク」はアンサンブルの皆さん含め、大迫力! ミルクなくても大丈夫じゃないって感じ。最後のルキーニの自殺には、表情も加わっていたので締めくくりも良くなっていたと思います。これからウンテさんのルキーニを観る人も、また再び観る人も絶対に期待できます(確信)。私が言うから間違いない(自信)。しかし、「エーヤン」のところは、イマイチでした。一番、ウンテさんらしい歌い方の雰囲気が出ている部分なのですが、最後の方でブレていました。

チケットを引取る時に前にいたカップルの男性がウンテさんの名前を指して親指立て、彼女にこの俳優上手いと教えてあげていたんですよね。本当に男性からも人気なんですね。でも、前から上手いから。

1泊4日(車中泊2泊)、みたいな事をしていると本当やつれてきそうになるけど仕方がない。
[PR]
by miru_musical | 2012-03-13 01:13 | 韓国ミュージカル感想 | Comments(0)