by miru_musical
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

日本版「ハムレット」

久し振りに日本でミュージカルを観ました。日本版「ハムレット」です。あっ、でも、「I LOVE YOU, YOU'RE PERFECT, NOW CHANGE」を秋に観たか。2008年の韓国版「ハムレット」のパンフレットに確か日本でも上演予定と書いてあったと思います。2008年-2009年、2011年と何度か何度も韓国で観ました。もちろんウンテさんが出演していたからです。日本版「ハムレット」を観てウンテさんの歌唱力の高さを実感しました。5年近くウンテさんのミュージカルを中心に観ていて、最近は「もっと上手く歌えるのではないか。」と思うことが多かったのです。きっと、もっと上手くなると思います。だけど、あの実力はやっぱりすごいんだと思いました。韓国版「エリザベート」でのルキーニ役、仕上がりがよく、本当に良いとの事で。とても楽しみです。「ハムレット」の時も公演頑張るとの事だったので、もちろん信じてます。普段、プレスコールの画像は見ないのですが、今回は見てしまいました。「ミルク」のあの脚立のようなカートは何?脚立に装飾したとしてもカート?役者自身の足で歩いたり走ったりして欲しいのですが私は。

韓国版2008年版と2011版、演出家は変わってもほとんど変わらなかったです。今回は、日本版の「ハムレット」を観て演出家でこんなに変わるのかと本当に興味深かったのと、「あのシーン」はどうなるのか舞台を観ながら一歩先を想像するのも面白かったです。全く違うものを観たいと思っていたので。韓国版で不満に思っていた部分が日本版では良かったです。①照明(ライト)、②フィルムを使用しない、③俳優の立ち位置です。韓国では、あまりセンターを使わないので…(「モーツァルト!」もだけど。)他の演目もだけど、奥行きの奥に舞台セットを配置する事も多いです。それらしく見せる韓国版、スタイリッシュな雰囲気の日本版?って感じでしょうか。少し暑いぐらいでしたが、劇場が寒くないのも良かったです。韓国の劇場は寒くて集中できなくなることがたまにあります。

私は、ミュージカルを観てもあまり笑いもしなければ、泣くことなんてほとんどないのですが、超々久々に涙が出たのです。オフィーリア役の昆夏美さんの演技も歌に涙が出ました。韓国版では、あまりオフィーリア役を重要視しているように観えないのですが、今回は、昆さんのオフィーリア役がとても印象に残ったし、気が狂ってからのシーンは韓国版より短いと思うけど、短くなっている部分も含め良かったと思います。あっ、気が狂ってからのオフィーリアの衣装、Spring Awakeningのようだった。(演劇やミュージカルを観る時は、その配役の性格から各場面での精神、心理状態、そしてどのように行動するだろうか、どのような歌声であれば伝わるか等、あまり考えたくないけど、よく頭の中で考えてしまうのです。)

ホレーショー役の成河さん、初ミュージカルとは。今回、どんな俳優さんなのかとても気になっていたのですが、良かったと思います。韓国版のイ・ギョンスさんと比べると、二人とも良いと思います。歌で、あまり聴こえない部分があるのですが、それも二人とも同じ所だったので音楽に問題あるのかな。そう言えば、イ・ギョンスさん「ハムレット」観たい(韓国版)と言ってました。(ずっと出ているので観たことないから。)

劇中劇の後、主要キャストにスポットライトがあたり、それぞれが歌い不協和音が響くところは、日本版も韓国版もイマイチでした。私は、こんな場面が好きなので毎回よく注意して観ているけど、一度も良かったことがなくて残念。スポットライトは、日本版が良かったです。

初めて「ハムレット」を観た友達は、「話が断片的過ぎる。殆どが歌だからねと。」、韓国の友達も観たのですが、「全然違う」と驚いてました。私は、日本版のステージング、意外と好きでした。同じような旋律の繰り返しが多いので、歌い方を変えていかないとどうしてもかったるくなってしまうのです。そう感じたのが2008年。ウンテさんぐらいの歌唱力でこの演出だとまた雰囲気がガラッと変わるだろうなぁと想像しました。

楽しく観ました~
[PR]
by miru_musical | 2012-02-03 23:05 | ミュージカル他 | Comments(0)