by miru_musical
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

年内中

年内中、どこかに行きたいなぁ~。
やはり韓国?
再演してても観たことないのもあるけど、
ほとんどが再演じゃないですか…

観たいと思うのは、チョン・ソナさんのアムネリス役かな。それにしても、演出のパク・カルリンさん、テレビに出ているので知名度が高いですね。韓国でそのテレビを見たけど面白かったのです。私が、一番好きな音楽監督なのです。昨年、「モーツァルト!」の上演が韓国で決まった時、音楽監督はパク・カルリンさんだったら良いなぁと真っ先に思ったぐらいです。(実際は、違いましたが…)ミュージカルを観ない韓国の友達も、知ってました。さすが、テレビ! それから、応援している俳優が出演する作品がようやく分ったので、それかな。「ジキルとハイド」のアンサンブルではなくて、別の作品を選んだ理由があるはず。「スペシャルレター」は昨年の12月に観たのですが、これスペシャルキャストで観てみたい。例えば、チョ・ジョンソクさんとか~ 女性(役名忘れた)は、ユン・ゴンジュさんとか~ 今、「若きウェルテルの悩み」でロッテ役の方、去年観た「スペシャルレター」に出演していた人なんでよね。「若きウェルテルの悩み」は、前回の公演がとても良くとても満足しているので、今回は観なくても良いかと思いました。

珍しく、インターネット検索してみました。「ルキーニ」で…(もちろん、ウンテさんの!)非常に評判良いではないですか! 「ルキーニ、がんばる」と自分から言っていたので、本公演でもきっとルキーニ役であることを期待してます。本当に集中してルキーニ役に取り組んだとの事です。ウンテさんの名前で検索してくださった皆様、応援よろしくお願いします!

それから、昨日は珍しく「影を逃れて」の動画を観ました。(もちろん、ウンテさんの!)、やっぱりとても良かった。それから、「ノートルダム・ド・パリ」~カテドラルの時代(超難曲)をウンテさんより上手く歌う俳優、今のところ韓国にいないでしょう。グランゴワール懐かしい~。
[PR]
Commented by niko at 2010-11-03 11:04 x
初めて書き込みさせていただきます、ニコと申します。こちらのブログには、実は今年の春からちょこちょこ寄せてもらっていて、ウンテ氏について勉強させていただきました。書き込み遅れまして、失礼しました。そして、有難うございます。
実は、私当初ジュンスペンでして、ウンテ氏もそのつながりで最初は拝見していたのです。
でも、どんどんウンテ氏に魅かれてしまい、今回のミューコンもジュンス目当てというよりはウンテ氏目当てで訪韓しました。
結果、あんなに少しの出演なのに(超不服ですね、もっとウンテ氏観たかった。ジュンスは頑張ってましたが、その道のプロとやはり違う)、存在が光ってるウンテ氏は十分楽しませてくれました。
もし、miruさんがウンテ氏に会える方でしたら、『感激した!』とお伝えして頂ければ幸いです。←ブログをみてると近しい方かと思いまして(^^ゞ
Commented at 2010-11-03 11:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by miru_musical at 2010-11-04 01:51
→nikoさんへ

こんばんは。
コメントありがとうございます♪
先月のコンサート、観に行ったのですね~。

コンサートでウンテさんの出番が少なかったですね。釜山の友達は、いつウンテさんがモーツァルト!の曲を歌うか期待していたようで…  でも、コンサートの主旨からすると仕方ないですね。1~2曲だけと聞いていたので、プロローグをすると思っていなかったので、テンション上がりました。9月の時点で、役名(や曲名)聞いても「ルキーニ」という名前すら出てこなかったのに見事なルキーニでしたよね。

あっ、『感激した!』とのお話 必ず、伝えますね!
Commented at 2010-11-04 18:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by miru_musical at 2010-11-04 23:24
→2010-11-03 11:21さんへ

こんばんは。

私、言葉できないですよ! 勉強中。

一番、情報がはやいホームページですか… ミュージカル関係のニュースが分るページ、チケットサイト、ファンサイト等、どのページも情報のはやさは変わらないと思います。チケットの発売も遅いし、公演期間が変わったり、キャストが変わったり、また、いくつかの公演をかけもちしていたりすると、公演期間中にもキャスト変更となる場合もよくあるので、今までも色々と大変でした。日本の公演との大きな違いの一つなんですよね。握手会というのは聞いた事がないですが、サイン会等がある場合、参加することは可能ですよ。ただ、自由に参加できる場合と条件を満たしての参加等もあるので、その場合は、内容を読む必要があります!
Commented by miru_musical at 2010-11-04 23:41
→2010-11-04 18:23さんへ

こんばんは。

ウンテさんのヴォルフガングもとても好きですが、グランゴワールやルキーニはメイクも良かったし、役もとても似合っていたし全体的に雰囲気も良くって… 今後もますます楽しみですね♪
Commented at 2010-11-06 11:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-11-06 11:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by てつろう at 2010-11-08 21:24 x
はじめまして。

ジュンスのミュージカルコンサートを聴きに行って、パク・ウンテさんと、チョン・ドンソクさんの素晴らしい歌唱力に、圧倒されてしまった者です。
miruさんが書いていらした、ウンテさんの「影を逃れて」と「カテドラルの時代」を早速動画サイトで探して聴いてみましたが、おっしゃるとおり、本当に素晴らしかったです。
「カテドラルの時代」ははじめて聴きましたが、後半から終盤に向けて、圧倒的に押しまくる情熱的な歌い方に惚れ惚れしました。それでいて、音程もテンポも抑揚も正しくつけられていて、基礎は完璧なんですね。素晴らしいです~。
また、ドンソクさんの「闇は広がる」は、あのコンサートの中でも1、2を争う出色の出来だったと思いました。
ちょっと情熱がはみだした感じが、またまた素敵で・・・。

ジュンス目当てで行った日本人の中にも、韓国の俳優さんたちの魅力に圧倒された人が何人もいることを、韓国のミュージカルカンパニーの方々にもぜひお知らせしたいです。
Commented by miru_musical at 2010-11-09 10:36
→2010-11-06 11:41さんへ
→2010-11-06 11:42さんへ


こんにちは。

非公開コメントも名前が確認取れてますので
大丈夫ですよ!!

韓国のチケットは数年前と比べると、予約しやすくなりましたよ。

舞台(ソウル)で観たジュンスさんのヴォルフガングは、ヴォルフガングらしい雰囲気でとても良かったと思います。コンサートでは、どうしてもジュンスさんに「エリザベート」でトート役を演って欲しいというリーヴァイさんをはじめ周り(企画社)の雰囲気がすごかったと思います。「エリザベート」を上演するにあたって、かなり資金が必要ではないかと…。1年先のことは全く読めない韓国ミュージカル~今後の展開も気楽な気持ちで…(日本から観に行くとなるとなかなか気楽な気持ちになれませんが…)
Commented by miru_musical at 2010-11-09 11:41
→てつろうさんへ

こんにちは。
コメントありがとうございます。
先月、コンサートに行かれたのですね。そして、ウンテさんの動画もご覧になりましたか!嬉しいです!「ピマッコル恋歌」の歌も良いですよ。劇中、舞台にウンテさんだけが居て歌う場面があるのですが、韓国では珍しく劇場全体がぐっと静かになり観客の集中力が高まり、ウンテさんの歌がよく響き渡りました。「カテドラルの時代」の他、第一幕の最後の曲と第二幕の「月」という曲も素晴らしいです。ドンソクさんもウンテさんと同じ役を短い期間でしたが演ってました。

>ちょっと情熱がはみだした感じが、またまた素敵で

素敵な表現! よく分かります。

>ジュンス目当てで行った日本人の中にも、韓国の俳優さんたちの魅力に圧倒された人が何人もいることを、韓国のミュージカルカンパニーの方々にもぜひお知らせしたいです。

ウンテさん、演出家の先生にお伝えします!

ジュンスさんのおかげで、韓国のミュージカルに魅力を感じた日本人も増えたということになりますよね。

あっ、ウンテさんのミュージカルもぜひ観てください~♪
by miru_musical | 2010-11-03 02:57 | Diary | Comments(11)