by miru_musical
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

今回は~

あー疲れが…
お腹が痛い。

ソウルに着いてブーツのヒールが折れたの…
このブーツ、前にも同じように折れて、
交換してもらったのですが、
また、こんなことになるとは…
それで、いつものカフェで「ブーツのヒールが…」といったら
靴を修理してくれるおじさんを呼んでくれて、
私のブーツは、バイクで運ばれて行きました。
おもしろい~ 韓国。
その後、カフェのオーナーに運ばれてきた
差し入れ夕食を私にも分けてくれて
一緒に食べました。
すごーく美味しいお粥とキムチ。
キムチは、新しいキムチでした。

さて、今回は、全部「モーツァルト!」~
やっぱりウンテさんのヴォルフガングを観なくてはなりません。
(22日の「赤いコート」、ウンテさんから緊張感が伝わってきました。)
演出があまりに違うので、1日目はカナリ動揺しました。
3回、観れば慣れてきましたが。
昨日の公演のウンテさんの「影を逃れて」は、
スゴク素晴らしかったです。
こんな感じに日本人で歌う人がいる?!
他の歌も本人の実力からすれば、今回の数倍良くなるでしょう。

気になった点
 ・アマデの在り方が引き立たってない。(グラついたりしている。)
 ・劇中、赤いコートを何回か着ているのは何故なのか?
 ・アンサブルの方々の声は、良いのですが動きが揃ってなかったり、それぞれのソロの入り方が悪かったりする。そして、全員で歌うところは均整がとれてない。
 ・歌がオーケストラとズレるところが何度があった。
 ・オーケストラの演奏が今一歩。(音楽を聴いたところ楽器の編成があまり好きではない。)
他にも色々とありますが…

全体的にファンタジーな感じでした。
[PR]
Commented by rei at 2010-01-26 00:46 x
はじめまして。
今回韓国版のモーツァルト!を観にいくにあたって、いろんな人の感想を聞いてみよう!って思ってめぐっていたらこちらに行き着きました(笑)
的確な感想ありがとうございます。私もこのミュージカルは日本版を何度も観ていて大好きな作品です。
韓国版の発表があった時にすごく観たくてチケットを取ったのですが・・・。演出はどうなっているのかとても気になっていました。
別物としてみれば問題なさそうですね・・・努力します(^^;)
私はパク・コニョンさんとキム・ジュンスさんを観ます。
本当はウンテさんが観たかったんですけど、休みが取れなかったので・・・諦めました。
デモを聞く限り、ウンテさんのあの歌唱力を直に体感したかったのですが・・・。
赤いコートは韓国のニュースで初日映像が出た時に不思議でした。なんで何度も着ていたのか(^^;)
私は日本版のアマデがとても好きだったので期待していたのですが・・・あまり深く考えない方がいいようですね(涙)
観にいく頃にはオケと出演者がきちんと音が揃っていたらいいですね(^^;)
Commented by プッチ at 2010-01-26 00:59 x
24日の公演観ましたよ。
キム・スンデ君のファンクラブで見に行ったので1列目の中央で拝見させていただきました。ウンテさんの歌、素敵でした。
カーテンコールではスンデ君がウンテさんに手をあげてエールをおくっていて微笑ましかったです。
オーケストラの演奏は私も気になりました。
こんなことを言ってはいけないと思いますがプロなのでしょうか?
あまりにも・・・・・
スンデ君のシカネードはとても素敵でした。もう少し歌が上手になると、もっと良いのですが・・・・・
夜の公演の方がスンデ君もリラックスしていて良かったです。
カーテンコール時にたくさんの人がカメラを持って走ってきたのにはびっくりしました。あれはウンテさんのファンなのでしょうか?
一番前にすわっているのに立たなくてはいけないなんて・・・
そのせいなのか、これからのジュンスさんのためなのか、カーテンコールの写真撮影が禁止になりましたね。
なんだか残念です。
ウンテさんはきっと回を重ねるうちにもっと良くなっていくでしょうね。
楽しみです。

Commented by miru_musical at 2010-01-26 13:10
→reiさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
最初から違うので驚かないでくださいね!
日本版と別物として観た方が良いです。
けど、日本版がチラつくんですよね…
日本とは違う物をつくるということでウィーン版を元にしているとヴォルフガングのウンテさんから聞きました。
舞台が地味なので、もっと華やかさが欲しいなとも
思いましたが… アマデと手をつないで出てくるところが
あるのですが、それにもびっくり。(引っ張られるとかなら
分かるのですが…)赤いコートの件は、演出家の方がいたら聞いてみようと思ったのですが、見つけられなかったです。(少しだけ面識があるので。)実際の「影を逃れて」は、デモとも違っていて良かったです。あの演出でも歌唱力が上回っているので良いかなと…。いろいろと言いたい事はたくさんあります。

観劇、楽しんで来てくださいね。
わたしも、ジュンスさんのヴォルフガングも観る予定です。東方神起での活躍は、全く知りませんが直感的に、一番役柄に合うのではないかと思ってます。
Commented by miru_musical at 2010-01-26 13:30
→プッチさんへ

こんにちは。
24日、きっといらっしゃるのだと思い、お会いしたかったのですが、面識がなので…。私も最前列で観てました。韓国版「ミス・サイゴン」のオーケストラは非常に良かったのでそのレベルを期待していたのですが。指揮者も良くないし、あの音色は…。イライラしました。

ウンテさんは、良かったのですがもっと歌の実力と技術があると思うのですが…。どの歌も同じような聴こえ方もしたので。「僕こそ音楽」は、歌詞が詰まりすぎた感じに聴こえるのでメロディーにイマイチのらない感じがしました。

カーテンコールでの撮影は最初から禁止にするべきでしょう。22、23日は皆さん席にいたままだったのに、24日はひどかったですね!ウンテさんのファンも中にはいたと思いますが、特にノートルダムのカーテンコール慣れしている人も多かったからだと思います。カーテンコールでの撮影OKというのも知れ渡って、舞台の近くまで駆け寄ってきたのでしょう。危険でもあるし禁止になってよかったと思います。

スンデさんのシカネーダーもしっかり観ましたよ。
目がキラキラしてますよね。
by miru_musical | 2010-01-25 23:49 | Diary | Comments(4)